あなたは「続ける」技術を持っていますか?

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

あなたは「続ける」技術を持っていますか?

 

英単語アプリ「 mikan 」を使って2年目になります。

1日30単語(小さな目標)を勉強すると1日の目標を達成させるように設定したので順調に継続することができています。

とはいうものの最初のうちは1日30単語だけやって終わったり、たまに休んだりしていました。

これじゃあ学生の頃と変わらないじゃないかと思い起こし、とりあえず1日30単語達成したらツイッターに達成したことを連動するように心がけました。

最初の頃は恥しかったのですが、2ヶ月を過ぎる頃にはいつまで続けられるかな〜〜なんて思うようになってきました。

実はこういう仕掛けこそが、「続ける」コツというか技術だったんですね。

このコツ・技術を50にして知ったのです。私なんかは。

その上このコツ、本として紹介されているのです。そのコツ・技術の正体を行動科学というのです。

今回は、石田淳(著)「 「続ける」技術 」を紹介します。

内容は、英語学習、ダイエット、禁煙と普通の人が一度はやろうと思い立ってもなかなか達成出来ない、出来ていないことを物語として説明しています。

内容も身近ですから、簡単に読み進めることが出来ます。

本書を読んで、「さあ、やるぞ」と簡単にスイッチが入るのなら問題はないのです。

結局、そうではない人が後を絶たない。だからこそ、このような自己啓発本が毎年出版されているのでしょう。

かくいう私も人のことを言えません。

やっと自分なりの「続ける」コツというのをなんとなく掴めたレベルだからです。

だから、人様のことをとやかく言える人間ではないのです。

それでも、一言あえて言わせてください。

少しづつ「続ける」と、それをしない方がなんだか気になってくるようになってきたということは事実です。

例えて言えば毎日歯磨きをしているのに、突然歯磨きが出来なくなった日のことを考えてみてください。

どうしても、歯磨きをしたくなるんじゃないですか?(そう思わない人は、一生「続ける」技術は身につかないでしょう。断言できます。)

そういう感覚を大事にするということだと、やっとおじさんになってわかりました。

みなさんは、「続ける」技術を持っていますか?

それでは、今日はこの辺りで終わりにしましょう。

最期までお読みくださって感謝します。

 

 

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください