英単語の勉強において継続だけでなく、時間も意識するようになってきた理由

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

英単語の勉強において継続だけでなく、時間も意識するようになってきた理由

 

英単語アプリ「 mikan 」を使って1年以上が経ちます。

私は受験生ではないので時間に拘らず、アプリを継続して使うことに拘ってきました。

その甲斐あって、263日連続達成(263日欠かさずアプリを使用しました。)2021年5月31日時点で。

最近、このアプリの機能を意識するようになりました。

なぜならば、合計学習時間が気になるようになったからです。

受験生ではないけど、国立大学の入試レベルの英語力(英単語力)を身につけたいという願望は持っていたからです。趣味で英語を楽しもうと考えるとこのレベル(英検だと最低2級以上)の英単語力は必須だと考えているからです。

故米長名人の本を最近読んでいるのですが、そこでは東大に入った兄が高校時代に5000〜6000時間勉強したということを書いていたのです。

すると、1教科あたり1000時間勉強すれば東大合格するくらいの英語力を身につけることができるんじゃないのか?と私は考えたのです。

そこで自分の英単語学習時間を見ることにしたら、なんと今の時点で129時間ほどしかしていないのです。1年以上してたった129時間しかしていないことに衝撃を受けたのです。自分としては1日20〜30分はアプリをいじっている感覚だったからです。

129時間は7740分で、それを400日で割ると19.35分と自分の感覚とは合います。

ただ、これだと国立大学レベルになるのは8年近くなりそうだということです。8年という期間は、大人の遊びとしてなら許される時間だと思いますが、希望は半分の4年でそのレベルに到達させたいとは考えています。

のらりくらりとアプリをイジって8年で本当に英単語力が上がるのかな〜〜という疑念ももたげてきたからです。

そのため、少しづつアプリをイジる時間を伸ばす努力をしています。

目標に近づけるために、時間を意識するという発想も大事なんじゃないかと思ったからです。(受験生たちからすれば、笑ってしまう時間ですが、、、)

気楽に始めた英語の勉強ですが、今後の継続次第ではライフワークになりそうな雰囲気です。

もうしばらく、英単語アプリをイジろうと考えています。

みなさんも、何か継続出来ていますか?

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

最期までお読みくださって感謝します。

 

 

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください