目標を紙に書き家族に公表することの意義とは?!

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

目標を紙に書き家族に公表することの意義とは?!

 

突然ですが、みなさんは今年の目標を立てましたか?

正月(1月1日)からすでに3ヶ月です。

こんなネタ、もはや今更感ハンパないので申し訳ないのですが、、、。

私が突然今頃になって目標を〜〜と言い出したかと言いますと、目標を持つ効能を実感するようになったからです。

本当は、私自身が今年立てた目標はまだ達成出来ていません。

しかし、着実に目標に近づけるための努力を自分自身していることに気がついたのです。

実は、今年に入って目標を紙に書くようにしたのです。

今までも紙(ノートに)に書いてはいました。

今年はノートではなく、ポストカードに書いて毎日目につきやすい場所に置くようにしたのです。

すると正月に書いた目標が手に届く範囲になってきたので、先月(2月)に追加目標を立ててポストカードに書き直したのです。その後、冷蔵庫にそのポストカードを貼りました。

冷蔵庫に貼った後、家族からは何これという反応はあったのですが今では家族にとってはスルー状態です。

しかし、私自身はほぼ毎日目にしています。

しかも、入眠前に毎日この目標を20回ほど小さな声に出して呟くようにしました。

すると不思議なものです。

なんだか、自分が立てた目標が実現しそうな気がしてきました。それにその目標に到達するために必要な知識の習得に貪欲になってきているのです。目標を達成する過程を自分がムチャクチャ楽しんでいるんです。

目標を紙に書いて、家族に公表するってだけでこんなにやる気になるのかと自分でも驚いています。

みなさんも、騙されたと思って一度試してみてください。

自分のやる気スイッチって、こんなに簡単に押せるんですね。

それでは、今日はこの辺りで終わりにしましょう。

最期までお読みくださって感謝します。

 

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください