目が見えない人の世界を知る

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

目が見えない人の世界を知る

 

最近、読んだ本からの話。

今回ご紹介する本は、伊藤亜紗著「 目の見えない人は世界をどう見ているのか 」です。

本の題名にもなっているように、目が見えない人たちは世界をどう見ているのか?という問いをもった著者が、実際に目が見えない人たちと交流したことで得られた面白い(著者の表現を借りています)世界を教えてくれる内容の本です。

目が見えないというと、著者も最初は障害だから大変なんじゃないのということで最初はネガティブな捉え方をされていたようです。

しかし、普通の人たちからすればネガティブに捉えてしまう事象でも実際に目が見えない人たちにとってはそれが日常になっているという事実に気づくのです。

本書では、生まれながらに目が見えないという人もいればバイク事故によって失明された人もいたりと同じ見えないという障害でも、その生い立ちはさまざまです。

今現時点で目が見えないという状況は皆さん同じでした。

本書を読んで学んだことは、目が見えないということで、障害を持った彼らが如何に(普通の人たちの)私たちと世界を共存しながら、生きていこうかと考えて日常を過ごしていることを知ったことです。

本書では、そういう事例が豊富に示されていました。読んでいて「へ〜、そんな発想されるんだ」と勉強になったところもいくつかあります。

例えば、現代アートの鑑賞についての項目は面白かったです。私自身、絵を描くのが趣味ということも特に印象にも残りました。

美術鑑賞というと、美術館で黙ってゆっくり見るというのが一般的です。というか、静かに見るというのを強要した展示方法をとっているのが普通一般です。

じゃあ、目が見えない人は見れないよねというのではないのです。だからと言って、評論家の批評を読んで聞かせるという手法をとるわけではないのです。

黙って見るという姿勢を敢えて崩しちゃうんです。目の見えない人が、美術を見るということは。ここが、ポイントなんです。

どういうことかというと美術館に目が見えないと人と普通の人が集まるのです。見える人は数人とチームを組み作品を見えない人に説明するのです。そして、見えない人は説明から絵のイメージを頭の中で作り上げるのです。そんな時に、目の見える人が絵に描かれたある場所を池だと思って池と答えてしまったことがあり、その後に草原ですと訂正する場面があったそうです。すると、目が見えない人はすぐに池から草原へとイメージを作り変えることが出来るというのです。

このように目が見えない人が美術を鑑賞するということは、頭の中で作品を構築することだと筆者は言うのです。

逆に目の見える人からすれば、今までは池だと思い込んでいたのが説明するためにじっくり見たことで草原だったことを発見したという新しい発見をするのことが出来るのです。

この事例から、私たちは目が見えるということに慣れきってじっくり見るということを本当は疎かにしているのではないかとも言えます。

他人に説明することで、自分たちの勝手な思い込みに気づくことに繋がるのです。

目が見えない人と一緒に美術鑑賞をすることは、障害者と普通の人がお互いに理解し合える環境を提供するとともに普通の人にとっても思い込みというバイアスを取っ払う機会にもなるというのが、絵を描く立場の私としても面白い事例だと感じました。

本書を読んで、学んだことは知らず知らずに背負い込んだ思い込みというのは自分とは違う他者(障害者を含めて)を理解することだと知ったことです。

他者(障害者を含めて)を理解するというのは、口で言うのは簡単ですが実際に行おうとするとかなり根気が入ります。

現代人は、急かされることが普通の社会環境です。そういう時に、本書で学んだように他者(障害者を含めて)の立場になって考える、思いを馳せようとする気持ちが大事なんじゃないかということです。

これが簡単でないことは重々承知しています。

だからこそ、気持ちを落ち着けて今後は対応していきたいと思ったのです。

普通の人と、障害者が気兼ねなく過ごせる社会になるようにする為にも本書の存在は今後より一層重要になるはずです。

それでは、今日はこの辺りで終わりにしましょう。

最期までお読みくださって感謝します。

本記事は、 3月 3日付の 「 2050’s 哲学の源 」の引用です。

 

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください