米軍は軍需産業のためにある

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

米軍は軍需産業のためにある

 

最近、見た映画の話。

アメリカの大統領がバイデンさんに変わりました。その関係で主要な閣僚も変わりました。

バイデン大統領は、今回アメリカの国防長官にロイド・オースティンさんを就任させたのです。黒人初の国防長官ということが話題先行になっています。

実は、今回は黒人という人種に関しての議題にしようとは思っていません。ロイド・オースティンさんの経歴に注目してください。彼は、立派な経歴を持つ軍人なんです。軍あがりというのはアメリカではよくあることらしいのです。ですから、最初は何も感じませんでした。

しかし、アメリカ軍と軍需産業には密接な関係があるという記事を読んだことをきっかけにアメリカと軍需産業に興味を持つようになりました。

ちょうどアメリカの軍需産業に興味を持った時に、米軍のコンサルタントと恋愛を絡めた映画の宣伝文句を目にする機会があり早速見ることにしました。それが、今回ご紹介する作品「 アロハ 」です。

この映画、ただの恋愛ではありません。もちろん、恋愛映画の要素もあります。

しかし、軍需産業とアメリカ軍の関係もオブラートに包んで表現しています。もはや、軍のトップでも知らないことの方が多く民間の軍需産業のトップの方が妙な絶大な力を持っていることを上手く表現しているのです。

内容は軍事コンサルタント(主人公)と若い頃に別れた女性(軍人の妻)と新しい女性(軍人)との3人の過去の恋と現在の恋を中心に描いているのですが、それ以上に民間企業と米軍の立ち位置の関係も本作の見所になっています。しかも、地域住民(ハワイアン)という少数民族と米軍の土地の問題もうまく取り上げています。この辺りは、沖縄の基地問題と同じだなと思いました。米軍というのは、このように世界各地で地元住民との軋轢も色々なところで起こしきたんだろうなということがよく理解できます。それに対する、米軍の対応も少しづつ変わってきているというところもアピールしたい狙いもあるのかもしれません。

上記のような、アメリカの複雑な問題を恋愛を絡めることで見やすくする演出が素晴らしいと感じた作品です。色々なメッセージ性を感じさせるので、大人の娯楽作品として非常によく出来ていると思います。

仕事のストレスを感じて、サラッと気分転換をしたい時なんかに見てもかなり楽しめる内容だと思いました。じっくり見ると、もっと色々な気づきを与えてくれるかもしれません。

軍需産業と米軍の切っても切れない関係にまで発展していることを簡単に理解できた点でも良かったです。

安心して、アメリカの軍需産業に投資しようと思いました。

かつては、「 愛と青春の旅立ち 」や「 トップガン 」のように軍人へのリクルート的な作品が作られていました。

今回の作品「 アロハ 」は、米軍をリタイヤしても大丈夫的な内容になっていたのが時代の移り変わりを感じさせました。しかも、「 アロハ 」の方は中国ハッカーとやり合える(ホワイトハッカーレベルの)プログラマー(元軍人)というのも軍の内容が変わってきている印象を受けました。(単純な軍人というより、プログラマー募集の印象です。)

米軍ですら、実務は兵隊からコンピュータプログラムを扱える高度な人材へと変わってきているようです。そういう事をサラッと教えてくれる良質な作品でした。見て勉強になりましたし、面白かったです。

それでは、今日はこの辺りで終わりにしましょう。

最期までお読みくださって感謝します。

 

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください