2021年 1月29日 vol.103 毎日が日曜日の状態で楽しく生きていけるのか、楽しく過ごせるのか?

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

毎日が日曜日の状態で楽しく生きていけるのか、楽しく過ごせるのか?

 

人生100年時代といわれる時代になって久しいです。

実際、日本では100歳を超えても水泳というスポーツを楽しまれる方も現実にいました。( 国内最高齢106歳の現役スイマー 長岡三重子さん死去

参考記事 )

そんな中で、私が人生100年時代の哲学が必要なんじゃないかと漠然と思うようになったのは、上記の事例のように年齢という数字と寿命と人生といいますか生き方というか、人との関係って何だろう?と思ったからです。

実は私がそう考えたことのもう一つの理由として、私の現在の仕事も少し関わりがあります。

 

続きは下記サイトへ

ご登録も下記からお願いします。初月無料です。

 

 

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください