知識を目線や思考に置き換える発想が本当は大事だった

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆知識を目線や思考に置き換える発想が本当は大事だった◆◇

 

部署移動してからというもの、自分で気づいたことは自分で対応していました。

しかし、この方法だと結局自分だけがエラくなり他のスタッフがそのことに気がつかないという悪循環が発生していることに気がつきました。

そのため、私自身が疲れ果ててしまいそのせいか他のスタッフに対しても厳しく接してしまっていたようです。

この悪循環を変えるために、システム化することにしました。

システム化しても、うまく回らないのなら何故うまく回らないのかを考えていきたいと思っています。

システムが大事だとビジネス書には書かれていますが、自分の身の回りに置き換えるとなんだか高尚に感じてしまいますが、細かな作業の積み重ねのトライアンドエラーをして、洗練させていくことでシステム化していくことが大事だということだったんですね。

知識を目線や思考に置き換える発想が本当は大事だったんですね。

いや〜〜、仕事って奥が深いです。

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください