作者の意図と違う解釈が出来るということは、素晴らしいことだ!!

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆画道300日目標の293日目◆◇

 

画道300日目標の293日目になります。

 

今回の絵は、人間の内側から出てくるエネルギーを表現したいと思って描きました。

本当は、作者の意図を伝えない方がいいのかなと悩みました。

しかし、悩むくらいなら意図を公表した方が自分自身気持ちもスッキリします。

それならば、公表しようと思った次第です。

現代アートは、その辺りを読み解くものだという人もいるでしょう。

作者の意図と全く異なる解釈をしても私は良いと考えます。

なぜなら意図と違う解釈が出来るということは、作品に拡大解釈される余地があり作者の意図以上の価値が生まれたことを意味するからです。

そう考えると、アートというのは見る人あってナンボのものというふうに考えられます。

コロナ禍によって、行動の自粛が促された現状ですがネットで簡単にアクセスできる環境は素晴らしいです。

人類には、まだまだ進化の余地があるということの裏返しなんじゃないでしょうか?

そう考えれることは、コロナ禍のストレス対策といえます。

みなさんも、自分なりのストレス対策をして凌いでください。

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

_________________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください