苦手なことをすると、新しい発見、新しいワクワクに出会える

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆画道300日目標の260日目◆◇

 

画道300日目標の260日目になります。

 

私は普段介護施設で働いています。

来月、利用者様の前で出し物をして欲しいと依頼されました。

今までだったら、即座に断っていた事案でしたが今回は依頼を受けることにしました。

理由は、とりあえずやってみようと思ったからです。

最初は、利用者様と一緒に盆踊りをしようと思ったのです。しかし、普段のラジオ体操でもほとんど体を動かさない人たち相手に盆踊りを強いるのは酷かなと思い直しました。

そこで、受ける出し物はないかと思案したところ「手品」が良いのではないかと思い至りました。

早速、ユーチューブで手品、初心者と検索してみると結構人気があることがわかりました。

あまり練習をしなくても良さそうな手品を何点か見つけ、早速自分でしてみたところ(当たり前ですが)全くうまく出来ませんでした。

動画では、簡単そうに演じているので自分でも簡単に出来ると思ったのです。(妻に言わせると、どこまでポジティブなんと笑って突っ込まれました)

結局、初心者、簡単というネタですぐに調べられたのですがやっぱり練習は必要だということだったんです。

ネットで簡単に情報が入手出来るようになったのですが、泥臭い練習は必要だったんですね。

まあ、昔に比べて簡単に情報が入手できることはありがたいです。

あと、手品の基本が出来ていないと結局綺麗に魅せれないこともわかってきました。

敷居は低くなったのですが、うまく魅せるには練習が必要というのはいつの時代にも当てはまるものだったんですね。

簡単に出来ると思ったことを反省しました。

ただ、手品の魅力は改めて認識しました。

手品というのは、手先を使うので頭の体操になります。もうしばらく手品を楽しもうと思いました。

新しい事にチャレンジすると、やっぱり新しい発見があります。

新しい発見は、新しいワクワクに繋がります。

年齢を重ねると、この循環がプッツリ途切れちゃうんです。今回、思い切って新しいことにチャレンジして良かったです。

みなさんも、苦手なことを引き受けてみませんか?

新しい発見、新しいワクワクに出会えますよ。

それでは、今日はこの辺りで終わりにします。

では、またお逢いしましょう。

 

ブログの応援もお願いできますか?

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

Amazonにて、電子書籍販売中!!

こちらもご贔屓お願いします。

40代、映画と読書の楽しみ方 Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.9 〜 vol.16  Kindle版

2050’s 哲学の源 vol.1~8 Kindle版

 

 

_________________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください