コロナ禍は、実店舗は倉庫という位置付けにした

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆画道200日目標の197日目◆◇

 

画道200日目標の197日目になります。

私自身や家族はかなりコロナ前の生活になりつつあります。

それでも買い物などに行くとマスクをされている方も多いです。

リサイクルショップでは、立ち読み禁止などコロナ対策がされて面白みに欠けている印象を持ってしまいました。

実店舗で立ち読み禁止となると、メルカリのようなネット系が儲かってしまいますよね。

店舗がわの思惑は、実店舗は倉庫代わりという位置付けにしているのかもしれません。

みなさんの周りのお店はどんな感じですか?

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

_________________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください