市井の人が、国を動かす人(議員)になって欲しい

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆市井の人が、国を動かす人(議員)になって欲しい◆◇

 

私、今年49歳になるにもかかわらず、今回のコロナショックほど衝撃的な社会変動はいまだかつて経験したことがありません。

このレベルの異常事態を経験したことがある人というのは、戦前生まれの人くらいじゃないの?と思いました。

そこで戦後(第2時大戦後)の社会生活・状況を具体的にイメージしてみたいと思いました。

 

これ以降は、noteにて¥300で読めます。よろしくお願いします。

https://note.com/kataru100y/n/n7a9e7c392a1e

 

 

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

 

___________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください