画道200日目標の162日目

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆画道200日目標の162日目◆◇

 

画道200日目標の162日目になります。

 

先日コロナショックの後として、財政問題が浮上するのではないか?と書いたのです。

この問題は過去何度も取り上げられてきたので、おそらく今後は緊縮財政論が再び出てくるだろうと予測していました。

そう思ってAmazonで「デフォルト」と入力してみると、「 国家は破綻する――金融危機の800年 (日本語) 単行本  」という本を見つけました。

この本のレヴューを読むと日本は対外債務は払い終わっている。

「 対外債務より、国内債務のほうが国民にとっては残酷な結末を招く事になる。」

( Amazon カスタマー 引用 )

という文章を読み、かなり納得できました。

本書を購入するかまだ決めかねていますが非常に興味深い本であると思いました。

いろいろなことが疑問として浮かび、すぐに調べる(検索できる)ことができる現代はストレスフルな社会だと改めて思いました。

これが30年前なら図書館や本屋に行って関連書籍を調べることから始まります。

手間が省ける社会に進化してします。

手間が省けることが当たり前に感じる社会環境にすら気づけませんでした。

これほど手間が省ける社会環境は、かつての富裕層や貴族レベルと言えるのではないでしょうか?

健康で、心配が少ない社会を手軽に享受できていたかつての現実を認識できた経験は大きいです。

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

最期までお読みくださって感謝します。

あなたが大好きです。

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

_________________________________

 

Life100年研究所 メルマガ通信   https://www.mag2.com/m/0001685345.html

2050’s 哲学の源   https://www.mag2.com/m/0001690175.html

note             https://note.com/kataru100y

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ツイッター   https://twitter.com/katotoranosuke1

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください