レフトハンド描法:100日目標の50日目

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆100日目標の50日目◆◇

 

いや〜〜、やっと目標の半分がきました。

早いような、やっとというか、まだというか色々と思い悩みます。

利き腕でない左手で絵を描くのはあまり苦痛は感じません。

ただ、右腕で描こうかな?とまだ時折考えちゃいます。

そんな時は、そもそも何故左手を使うようになったのか?という前提に立ち戻るのが良いそうです。

そう聞いて、私も「そもそも論」に立ち戻りました。

人生を変えたい、これからの十年は激変の時代だから敢えて利き腕でない左手を使うトレーニングの意味も込めていたことを思い出しました。

そして、レフトハンド描法という手法が自分には合っているかもと思い突き進んでいるのが現状です。

時に迷います。

まあ、この悩みが300日後にはどう変わっているのか今から楽しみにしています。

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

___________________________

 

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

note             https://note.com/kataru100y

有料メルマガ https://www.mag2.com/m/0001685345.html

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

ミンネ   https://minne.com/@toranosuke-1

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください