アヒージョを料理して、食べてみた

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆アヒージョを料理して、食べてみた◆◇

 

先日、はじめてアヒージョを自宅で料理して食べました。

昨年から、妻と一緒に作って食べようとは話していたのですがやっと自分たちでトライすることが出来ました。

味付けが、胡椒と塩とオリーブオイルのみということだったので思ったより簡単でした。(カットは妻にしてもらっているため)

少し味気ないと思ったら、鶏肉を入れることを忘れていて食べ終わってから用意した鶏肉を調理しました。

あとで調理した鶏肉です。

胡椒をかなり多めにふりかけそのあと塩をかけ残ったオリーブオイルで炒めました。

この時食べた肉の味が追い求めていたアヒージョの味でした。

鶏肉のエキスが油になかったから、最初食べた時に少し味気なさを感じたのかもしれません。

家族が美味しいと太鼓判を押した料理が1週間単位で組み込まれているため、なかなか新しい料理に挑戦することが

減ってきているんです。

たまたま、味にうるさい息子が学校に行っている日と妻が休みの日が重なったからこそ出来た料理でした。

新しい味に挑戦するのもリスクを感じます。(美味しくなかったら、損した気分になるからです)

しかし、ここでもリスクを取らないと毎日が同じになって刺激がなくなるんですよね〜〜。

毎日一定なことを追い求めるのも大事ですが、時折新しいことも挟み込まないと刺激も足らなくなってしまいます。

全ては塩梅(塩加減に相当)とはよく言ったもんです。

みなさんは、新しい料理を食べたり調理することを意識していますか?

こう言うレベルの意識を今年は大事にしていこうと考えております。(次回のアヒージョには、自宅に植えているローズマリー

を加えようと思っています)

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

___________________________

 

メルカリ        https://www.mercari.com/jp/u/821066601/

note             https://note.com/kataru100y

有料メルマガ https://www.mag2.com/m/0001685345.html

Instagram     https://www.instagram.com/kato.tora/

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください