野党が騒ぐほど、安倍首相が歴史に名を残す理由

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆野党が騒ぐほど、安倍首相が歴史に名を残す理由◆◇

 

落合陽一さんの番組をアマゾンプライムで観ていると、若くして年長者たちとやりあえる人というのは賢いのはもちろん精神的にも成熟しているんだなと感心してしまいました。

私50前にしてやっと、落合さんの話している事やメッセージがわかるんです。

しかし、これ自分が同世代の30代の時にここまでの発想をもっていたのか?と聞かれれば、「No」なんです。もう恥ずかしながら彼と比較するとおバカちゃんレベルです。自虐ネタになりますからこれ以上は書きませんが、若くして立身出世するコースに乗っている人というのがなんとなく理解できるようになりました。

今回ご紹介する動画「 Weekly Ochiai 」で、「多様性をアップデートせよ」に出演された高橋祥子さん、「コミュニティをアップデートせよ」の佐渡島傭平さん、「日本財政をアップデートせよ」の真山仁さん、「資本主義をアップデートせよ」の安田洋祐さん、「動画ビジネスをアップデートせよ」の明石ガクトさんたちとのお茶を飲みながら肩肘貼らずに対談する姿を観て、日本ってやっぱすげ〜〜とおじさんながら感動してしまいました。

というのも、昨今のマスコミに取り上げられるように日本は少子高齢化社会のため財政危機が問題にも関わらず、与野党ともにこの問題に踏み込めない状況になっています。

この番組は2018年なので、この時点で真山さんも「安倍首相以外に財政を立て直せる首相は出てこないんじゃないか?」と言われているのです。

落合さんも、日本をよくしようと人材育成に力を入れるためにラボを開設されているのです。「それでも優秀な学生ほどアメリカに行っちゃうんだよね。立場上引き止めるわけにもいかないし、、、」と残念そうに話されている姿を観て、こういう人たちがいるからこそ日本はまだまだ発展できると確信しました。

最近では、野党が安倍首相の「桜を見る会」で反社会的勢力と2ショットで写っていたと騒いでおります。これこそ、野党にブーメランのように跳ね返る論理だということが未だに理解されていないことに驚きを持ってしまうのは私だけでしょうか?( 関西生コン事件~逮捕されたのは立憲民主党・辻元清美議員と親密な人物 参照記事 )

このようなブラックな噂は、野党ほど隠し持っているくせに安倍首相の揚げ足を取ることだけに力を注ぐ様を見て、国民の判断を仰ぐことになれば(解散総選挙)、自民党の圧勝は間違いないでしょう。

自民党安倍政権の強さはマスコミが言うように、経済が安定している、アメリカと中国の関係が不安定な上に北朝鮮が挑発行為をやめない。こんな時におバカな野党に任せる人は少ないでしょう。

若い人たちが真剣にこれからの日本をどうすれば立ち直らせることができるのか?ということに目を向け始めている。(だからこそ、落合さんの冠番組ができたと解釈しております)

そんなやる気とガッツのある若い世代が東京オリンピック後あたりに、いろいろと活発な動きが見られるのではないかと期待してみているのです。2025年に日本は大きな山場を迎えます。(団塊の世代が75歳以上になる超高齢化社会にはいる)

この為、日本は自動運転や5Gの導入も世界に先駆けて導入しやすい素地が整います。

もしかしたら自民党は、仮想通貨問題と絡めて財政問題に切り込む可能性も考えられます。これからの10年は変化も激しいですが非常に面白い社会になる可能性は未知数なんです。

そういう未来予想図を考えると、安倍首相が歴史に名を残すチャンスがゴロゴロとある理由がよくわかると思います。

日本の未来は暗いと杓子定規的な意見が多いのは事実ですが、ピンチはチャンスです。人口減少とロボット化、IT化を組み合わせることで新しいサービス産業(人的労力をかける方がコストが安い介護業界など)に人材が移行するでしょう。

第二の産業革命に遭遇できることに今からワクワクしてします。

みなさんは、これからどう動かれますか?

将来が、楽しみですか?それとも憂鬱ですか?

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

___________________________

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください