ある程度の結露は翌日きちんと拭くしかない

 

 

みなさん、こんにちは。

人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

 

◇◆ある程度の結露は翌日きちんと拭くしかない◆◇

 

 

朝の冷え込みが日に日に厳しくなってきました。

我が家では、ペアガラスを取り入れているにも関わらず毎年結露が出ます。(樹脂サッシ+ペアガラス)

結露防止のために換気扇を導入すると、外気と温度差がなくなるため部屋が物凄く寒くなります。

寒い北米仕様ということで取り入れた(20年前)のですが、この有様です。

そのため、結露ができた日には窓拭きをしております。

そこで調べてみると寝室での結露は、ある程度の結露は仕方がないということがわかりました。( ペアガラスにすると結露がないと聞いたのですが、うちは家中の窓がペアガラスなのに結露しています。建て方の問題でしょうか? Q&A記事参照 )

上記記事を読むと結露に関しては割り切るしかないみたいです。ガッテンしました。

ある程度の結露は、翌日にきちんと拭き取ることの方が有効みたいです。(ペアガラスと言えども、結露を完璧になくすわけではない)

これから寒い時期こそ、窓をきちんと確認しましょう。

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

___________________________

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

 

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください