合わない人をホメるという教えを、実行出来る人から成功と幸せを引き寄せる

 

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 夢をかなえるゾウ3 単行本 」です。

 

◇◆合わない人をホメるという教えを、実行出来る人から成功と幸せを引き寄せる◆◇

 

第2弾を飛び越えて、第3弾を先に読みました。

というのも「スパイシーな教え」にめっちゃ惹かれたからです。

しかし、読み進めていくうちに、、、これクスッと笑える面白みは少しトーンダウンした印象を受けてしまいましたが、本当の普通の人を想定した人物(今回はOLさん)というところが今回の味噌になっいます。

いわゆる普通のOLさんが成功と幸福を手にするにはどうすれば良いのか?というのを物語として知ることができる構成にしているのは素晴らしい。

今回の教えの中で最も心に響いた教えは「合わない人をホメる」という項目でした。

人間、自分が一番という認識を誰でも持っているだけに、、しかも私の周り(職場での)はこういう認識の人ばかり(自分も含めて)なのでこの教えは非常にビビッときました。(もう目から鱗が落ちるとはこのことだと自分自身認識しました)

中高年になり、世間様からは「ええ歳してる」という目で見られているのも自負していましたし、それなりにそこそこ誰にでも合わせられるコミュニケーション能力を養ってきたという自信はありますが、それでも「合わない」人はいます。

そんな「合わない人をホメる」という教えは、今までの私だったら「あり得ん」と一瞬に受け入れ拒否を判定していたのですが、この本での別の教えである「自分の考えを疑ってみる」の教えの項目を読んで、自分の考えが固定観念として持っていることを示唆されているようでした。

しかし、その教え(合わない人をホメる)を、実際に実行できる心の器が伴ってくると、成功と幸せが引き寄せられるのではないか?と思います。(そうは言っても、なかなか出来ないのが人間なんですよね。そこをあえて、敢えてやっちゃうんです。そしたら、なんか今までの心に佇んでいたシコリが薄れていくように感じました)

自分の過去の行いや、行動の結果が今の自分の人生に繋がっていると考えるともっと高みを目指したいという欲求を持っていることに気づくと、この今までの行いの判断を疑うのもアリなんじゃないの?と思えるようになりました。

「思考にバイアスが掛かかる」と自己啓発の本を読むとそのような表現がよく描かれていますが、ガネーシャ風に簡単に言われると「自分の考えを疑ってみる」になるんですね。

私も色々な自己啓発書を読むのが好きですが、水野さんの書かれたガネーシャシリーズは非常に読みやすく、自分の心の中に納得してスッと入っていく感じがします。笑いながら納得できるというのもいいし、何よりおっさん風の関西弁が読んでいて心地よいです。

老若男女楽しめる本です。

ただブラックガネーシャになった分、自分自身の弱みと言いますか人間本来の弱みを修正する教えが主軸になっています。万人受けはしないかもしれません。その分第1弾のように興奮して読み進めることはあませんでした。逆に、落ち着いて自分自身と対比しながら読み進められます。

ガネーシャの教えを自分の日々に取り入れ、数年後には自分にとっての成功と幸せを得たいし、それを他者とも分かち合える人格者にいつかはなりたいもんです。

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

___________________________________

 

水野敬也(著)2014年

お待たせしました第3弾!
今回の主人公は夢に恋するOLさん。女性が抱く、仕事や恋の悩みにも容赦ないガネーシャ流成功法が冴えわたる! (本人談)。
言うとくけど、今回の教えはめっちゃスパイシーやで!

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★☆ (4.0)
万人受け    ★★★☆☆ (3.0)
哲学的度合い  ★★★★★ (5.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

 

___________________________

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください