人間は年齢を重ねるほどに経験を積むべき理由

 

 

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回は、人間が人間らしく年をとるとはといったことをテーマにします。

◇◆人間は年齢を重ねるほどに経験を積むべき理由◆◇

私が子供頃に抱いていたお年寄りの姿というかイメージというのは、「頑固でも子供や孫には優しい」「他人には思いやりがある」といった古き良きお年寄りのイメージがありました。

私が子供の頃(私の年齢が48歳ですから、今から約50年前の60歳以上の人々になります)のお年寄りの世代というのは、皆さん大東亜戦争(1937年から1945年を生き延びた人々)を体験されてきた世代(今なら、74歳以上の人々)だったんですね。

介護の仕事をして感じることは、戦争を体験した人々と体験していない(戦後世代)の老人たちの行動といいますか、考え方が大きく違うなという印象を持ちます。(このけんは介護などお年寄りに接する機会が多い人にはある種当たり前として捉えられていますが、一般の人々にはまだ認知されていない事柄だと思います)

それは、自己中心的な考え方をするか、またはその傾向の差です。

まず、戦前に生まれた人々はあまり自己中心的な考えを持っている人が少ない(または、その傾向が低いです。もちろん、中には超わがままな人もいます)が、戦後に生まれ育った人は、基本わがままです。(もう自己中心的と思って間違いありません(独善的ですが))

最近、切れる老人という記事も見かけるようになりました。(高齢者が”キレる”!?その実態は 参照記事)

こちらでは、脳科学の観点から語られていました。

今までは、私も上記の記事のように高齢→感情抑制が困難と年齢による劣化だと考えていました。

しかし、私はこの解釈も少し老人に対する優しさというバイアスがかかっているのではないか?と思うようになりました。

というのも、戦争という命に関わる差し迫った緊迫状況を乗り越えるには「己の保身のみ考えるわがままな行動」をする人間から排除された、または亡くなってしまったのではないでしょうか?

非常に刹那的で申し訳ないですが、そのような人々から順にお亡くなりになったため、生き延びた人々の基本思考が「皆と分け与える」という社会主義的な考え方で戦後の日本を復興してきたと考えれば、戦後の日本が「世界で最も成功した社会主義」(日本型社会主義 参照)と揶揄された日本の社会環境がうまく説明されると考えております。

最近、中高年の引きこもりという大きな社会問題が散見されるようになってきております。(8050問題

人間というのは、単純に自然に年をとれば「それなりに立派な老人になれる」と子供の頃に思った純粋な考えというのは、本当は「酸いも甘いも理解できる経験をしてきた(または経験できた)からこそ、醸し出せる」暖かい人間としての魅力を育んできた結果だったんだと本当に理解できるようになりました。

人生における良いことも悪いことも自分自身に降りかかってきた経験をきちんと自分なりに向き合って過ごしてきた人々が戦前埋めれの人には多かった(そういう人々しか生き残れなかった)のが、戦後世代になりそれまでの世代と異なり、自分の人生を自分なりに受け止めきれずにいる人々が増えてしまったのがこれからの高齢者社会であるとすると、日本の将来はかなり悪いと考えざるを得ません。

その兆候が、引きこもりになって自暴自棄になった男たちが引き起こしたとされる昨今の事件から伺いしれます。(川崎・登戸の大量殺人犯は”池田小事件・宅間守”に似ている―—精神科医の分析 参照)

このような将来を憂えた中高年たちの身勝手と考えられる犯行を見聞きすると、「人間になる」必要があると考えます。

人間になるって何?

人を思いやる心が必要だと単純に考えますが、これって言い方を変えると「多人称視点を持つ」必要に置き換えれます。(人称視点は、哲学的思考をわかりやすく解説している:すべてが見えてくる飛躍の法則 Kindle版を読んで 参照)

長寿化した日本に必要なことは、この「他人を思いやる心」を育てることを子供の頃から教育していくべきだったんではないかと、私のような中高年世代を見渡すと考えてしまいました。

思い起こせば、私たち今の中高年は第2次ベビーブーマーと呼ばれ、人を蹴落とし少しでも良い学校、良い企業に入ることを褒められた世代です。

そんな世代で落ちこぼれて、消えていった輩が自暴自棄になってこんな極悪非道な事件を起こしてしまったと思うと現在の教育制度を変えるべきだと思います。

もっと子供に大人が積極的に関与する社会環境を構築していかないと、将来このような中高年の事件が後をたたなくなる恐れがあります。

子供の教育からすると、かなり長いスパンになってしまいますがその方が将来の社会への影響は大きく改善できるはずです。

皆さんは、どうお考えになりますか?

今日は、この辺りで終わりにしましょう。

 

___________________________________

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください