クリント・イーストウッドのようなかっこいい大人になりたい

 

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

「 人生の特等席 (字幕版) 」を観ました。

2012年の作品です。

クリント・イーストウッド, エイミー・アダムス, ジャスティン・ティンバーレイクさんが出演されております。

 

◇◆娘の幸せを願っているが、、、◆◇

 

いや〜〜、久しぶりに良かった〜〜と思える作品に出会いました。

娘さんがおられるお父さんなら観て損はありません。

結局、娘は父親とよく似た男に惚れちゃうし、その方が娘にとっても最終的に幸せになるという内容の物語でした。(ネタバレしてごめんなさい)

娘は、娘で父親に気に入られようと弁護士になっていたんです。でも、結局父親の仲間に請われて仕事についていき、そこで父親とよく似た男と恋に落ちてしまうんです。

最後は、自分とよく似たタイプの男と恋に落ちることに不安も感じながら、暖かく見守るというエンディングに落としていました。

こちらの作品も前回ご紹介した「価値観を共有できる人と結ばれるべき理由:映画「ヒア アフター (字幕版)」を観て」と同じクリント・イーストウッドさんが関わっているだけあって、価値観の共有がテーマとなっておりました。

結局、アメリカのように色々なバックボーンのある人達が一緒に家族として生きていくには、お金や仕事以上に「価値観の共有」の方が重要という意識がアメリカ社会で認識されだしているのではないかと推測されます。

同じ白人同士でも、価値観が異なれば一緒になるべきでないという強いメッセージすら感じます。

80歳を超えてなお仕事の第一線で活躍されているクリント・イーストウッドさんの映画にかける情熱は素晴らしいですし、こんなかっこいい大人になりたいと本当に思います。

これからの長寿社会におけるお手本のような仕事感、生き様だと考えております。

ぜひ、一度ご覧になってください。素晴らしい作品です。

 

___________________________________

 

スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る。クリント・イーストウッド主演、ベースボールがつなぐ親娘の絆の再生物語。

 

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★★ (5.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★★ (5.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

 

___________________________

 

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

 

_________________________________

 

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください