ホリエモンの哲学とは

みなさん、こんにちは。

「 多動力 (NewsPicks Book) Kindle版 」を読みました。

2017年の作品です。

堀江 貴文(著)

◇◆ホリエモンって以外にまともだったという印象◆◇

ホリエモンこと堀江 貴文氏の書籍を読んだのは初めてでしたが以外?というよりかかなり真面目な意見が多かったです。

”手作り弁当より冷凍食品のほがうまい”など一部賛同しかねる発言がありましたが、ほとんど真面目な意見が多かったです。

私も、堀江氏のライブドア事件での銭儲け主義のみの印象に毒された一般ピープルの一人だったと再認識しました。

そんな彼ですが、この書籍でも獄中でメルマガを執筆した苦労を少し書かれていた時、以外に正直者なんじゃないのと思ってしまいました。

まあ、彼の事を弁護するわけではありません。私は、彼を誤解していました。資本主義の申し子、いや中国人的なマネー主義者だとばかり思っておりました。それが偏見だったことを認識しました。

一度この書籍を読めば、現在堀江氏を取り巻く環境が非常に良いことは理解できます。

◇◆商品の説明◆◇

堀江貴文のビジネス書の決定版!『多動力』

Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が
インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる
「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。
「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★☆ (4.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★☆☆ (3.0)

*(注意)

哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています。

しかし、堀江氏の主張を100%実行してもすぐに結果を出せる人はごく一部でしょう。それは、彼が1%の成功者の一人だからです。

ほとんどの人は彼のような人間のおこぼれを扱う小利口な人間です。そこを認識して堀江氏の発言を受け入れるほうが、あとあとショックを受けることは少ないでしょう。

まあ、かくいう私も残り99%の一般ピープルですので彼の主張を100%取り入れるわけではありません。そのエッセンスを少し自分なりに受け入れる程度にしておきます。

しかし、若者ならば堀江氏の発言通り行動することをお勧めします。そして、いろいろ壁にぶつかって自分なりの哲学を見つけると第二のホリエモンになれると思います。

もしかしたら、あなたがその一人になれる人ではないでしょうか?

では、またお逢いしましょう。

___________________________

本記事(2018年 8月18日 note 投稿記事を本ブログに転載しています。 本記事は予告なく有料記事になります。 その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。 _________________________________

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください