これからは55歳時点での姿が、そのひとの老後(年老いた先)の姿になる

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

◇◆50代の過ごし方は、一般の人たちが想像する以上に将来を左右する◆◇

今日、スーパーに買い物に行きましたら約10年ぶりに昔の職場でお世話になった方にお会いしました。

久しぶりに会って、少し興奮してしまいました。というのも、当時25歳くらいだった時にその方は55歳でした。

親子ほどの年齢差だったためか、その方は、私をよくからかって(いじってくれて)いたので楽しく過ごした日々を思い出したからです。

久しぶりにお会いしても、当時のイメージとほとんど変わっていない姿を見て、現代人は55歳前後の姿でそのまま歳をとっていくのではないかと考えました。

もちろん、その方も顔にシワが当時よりも刻まれてはいました。

しかし、お会いした時の反応やおちゃらけた会話はそのままでした。(変わってないなという印象でした)

この時、50代の過ごし方というのが老後というのを考えた時に、非常に重要な要素を持つのではないかと考えました。

現在、私は老人ホームで働いているのですが最近70歳前の人が入所されるようになってきました。

まだ60代であるにも関わらず、糖尿や脳梗塞を患ったため一人暮らしが困難になった人を何人か見るようになりました。

その反対に、60代にも関わらずその老人ホームで介護の仕事をしている女性何人かおります。

この人たちを比べると、仕事を続けていたことと、病気にならなかったことの違いがありました。

60代で病気になるか、ならないかは50代の過ごし方に関わります。50代で、無茶な暴飲暴食を続けていたり、仕事のストレスを抱え込んでしまったりして糖尿や脳梗塞といった生活習慣病を引き起こさなければ、それなりに健康な70代を迎えれるみたいです。

50代を健康に若く(若作りも含みます)過ごせたなら、その後の老年期も若々しく過ごせる可能性が高いです。

上で使用したカップルのような素敵な中高年を目指して、50代は若作りに励みたいと考えております。

そのようなライフスタイルが、今後の日本では必要だと提案いたします。

 

__________________________________

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

_________________________________

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください