昭和的成長戦略から脱出するには

みなさん、こんにちは。

「 35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 Kindle版 」を読みました。

藤原和博 (著)

◇◆昭和的成長戦略から脱出するには◆◇

この本(書籍)読みやすいです。内容も悪くはありません。

ただ少し、物足りない感がありました。それは、私が40代のオジサンだからかもしれません。

2009年に出版されてるのですが、基本的な考え方は現在(2018年6月時点)でも色あせておりません。十分通用する考え方を示しております。

僕は、今年47歳になりましたがこの書籍を読んで共感しました。タイトルの若い人達(35歳以下の社会人)が、この本の内容を理解し行動することができれば、その人はかなりの実力者だと考えられます。

そう思って間違いありません。自信をもってください。

ちなみに、私は30代のころこの本の内容ができていなかったのでしがないオジサンになってしまいました。(自虐とは違います)ただ、藤原氏のメッセージに共感します。

著者の藤原氏が一貫して主張しているのが、「みんな一緒」の時代から「それぞれ一人一人」の時代へ、、、

というように、昭和であれば社会が経済成長しているので真面目にコツコツとしていればそれなりに何とかなった時代だが、日本が成熟国家になった現代では、もうそのような発想で生きていくことにリスクを伴いますよという啓蒙されている点です。

◇◆商品の説明◆◇

内容紹介
自分にしかできない仕事をやっているか。組織に埋没していないか。定年後に自分の居場所はあるか。……残業をしても給料は上がらず、ポジティブシンキングだけでも乗り切れない時代に、どう働き、生きるべきなのか。元リクルートフェローで元杉並区立和田中学校校長が提示する戦略的な人生計画とは。30代で身につけたいお金と時間の使い方を提示。

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★☆☆ (3.0)
万人受け    ★★★☆☆ (3.0)
哲学的度合い  ★★★☆☆ (3.0)

*(注意)

『哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています。』

皆さんは、どう思いましたか?

では、またお逢いしましょう。

 

___________________________

本記事(2018年 6月21日 note) 投稿記事を本ブログに転載しています。

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

_________________________________

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください