地域社会で活動する方法

みなさん、こんにちは。

「 私はヒーローそれともヴィラン?よみがえれ勝連城 」を観ました。

2018年の作品です。

福田沙紀金子昇大城優紀さんが出演されております。

◇◆地域社会で活動する◆◇

こちらの作品の面白いポイントに、地域社会での活動としてお城の再建運動を取り上げています。しかも、最初は友情がらみの恋愛モノと思わせながらも真面目に活動するNPOの見本のような内容でした。村おこしの参考になる映画ですよ。活動内容も自然ですし、胡散臭くありません。

◇◆日本百名城ファンなら観て欲しい作品◆◇

私は「日本100名城」のファンで、沖縄に行ったときにこの映画の舞台になった「勝連城」には訪れたことがあったのですが、このお城(沖縄ではグスクと表現)は後に承認された「続日本100名城」の一つみたいです。

沖縄観光に行かれたら、一度は訪れて欲しい場所です。

◇◆あらすじ◆◇

東京でネットセレクトショップを運営している華那は同級生の美鈴に会うために沖縄に里帰りする。美鈴は地元のうるま市にある世界遺産、勝連城を復活させるプロジェクトに参加しているため華那も同行する。市内、そして全国から来たボランティアと出会う華那は本当の自分と向き合う。

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク    ★★★★☆ (4.0)
万人受け     ★★★☆☆ (3.0)
哲学的度合い   ★★★★★ (5.0)

*(注意)哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています。

◇◆最期は、泣いてしまいそうになった◆◇

役者さんの演技はお世辞にも上手いとは言えません。しかし、最期のシーンは、年甲斐もなく「うるっと」涙腺が緩みました。

今後、この作品をモデルにしたような村おこしが進められるかもしれません。

補足◇◆名古屋城再建について◆◇

あと、名古屋城の再建が話題になっています。(2018年5月時点)しかし、エレベーターの設置で市民団体と名古屋市との間に溝があるみたいです。私としては、まずエレベーターありきではなく、将来の技術(ロボット籠の開発)等で和解して欲しいと願っております。

ロボットの開発は、トヨタ等に依頼すれば国産技術の向上になりますし、若い技術者の育成にも期待できます。お互いに、WinWinな関係を模索して欲しいです。

皆さんは、どう思いますか?

では、またお逢いしましょう。

 

___________________________

本記事(2018年 6月 1日 note )投稿記事を本ブログに転載しています。

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

_________________________________

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください