内臓脂肪を落とさなければならない理由とは

みなさん、こんにちは。

「 内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)  」を読みました。

2018年出版です。

奥田昌子 著

◇◆日本人は内蔵脂肪が付きやすい民族だった◆◇

この書籍を読んで一番衝撃だったのは、例えば同じような体形の人物が2人(欧米人と日本人を設定して)いた場合、両者のお腹のポッコリ具合を欧米人と比べると我々日本人(アジア系)は内蔵脂肪が彼らよりも多く付いて、なおかつ体脂肪の割合が高いということでした。

その代わり、彼ら欧米人は皮下脂肪に付きやすいそうです。

そして、日本人にとってこのほんの少しのポッコリが非常にヤバいそうです。このヤバいというのは、欧米人に比べ、脳血管障害や認知症を誘発しやすい体質だからだそうです。

◇◆食の欧米化で内蔵脂肪が付きやすくなった◆◇

では、どうすれば良いのだろうか?という疑問がおきますよね。この解として、筆者は食生活を変えることで対応が可能だと訴えています。

簡単に言うと、洋食から和食に変更するだけでもカロリーや食物繊維の摂取量が変わるということです。

日本人が洋食を摂りだしてまだ200年もたっていませんよね。だから、体がまだその食生活に進化していないという理屈は、「なるほど」と思いました。

◇◆商品の説明◆◇

内容紹介
肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪としてたくわえる能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。ほうっておけば高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、さまざまながん、さらに認知症の原因になることもわかってきた。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。読むほどに内臓脂肪が落ちる新常識が満載。
内容(「BOOK」データベースより)
肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚と穀物中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪として蓄える能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。放置すれば高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、各種がんや認知症の原因になることもわかってきた。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。読むほどやせる内臓脂肪の新常識。

◇◆ほんの少しが積み重なることで、良くも悪くもなる◆◇

実は、私もこの本を読んでから食生活に気をつけるようになりました。今まで、自己流でダイエットをしていたのです。

その自己流というのは単純で、ご飯(いわゆる炭水化物ダイエット)だったんです。しかし、ご飯を減らしてもその後に、ついついお菓子をつまんでいたんです。

そしたら、一向に体重が減らないんです。

この心の内の「ほんの少し」が積み重なることで脂肪を維持してしまっていたんです。

逆にこれを改めると少しづつ体重が減ってきました。生活習慣病とはよく言ったもので、習慣の恐ろしさを改めて思い知らされましたよ。

若い方は、まだまだ自分には関係ないと思われるかもしれません。そういう私もそのように思っていました。

でも、それが甘かったんですよね。

皆さんも、健康には気を付けてください。

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★★ (5.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★☆ (4.0)

*(注意)

哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています。

もし、ダイエットにくじけそうになりそうな時にもう一度読み直してモチベーションを復活させようと考えております。

皆さんは、どう思いましたか?

では、またお逢いしましょう。

 

___________________________

本記事(2018年 5月30日 note 投稿記事を本ブログに転載しています。

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

_________________________________

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください