初めてエビを調理して下ごしらえの重要性を認識した

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今日は、趣向を変えましてグルメレポを行います。

◇◆初めてエビを調理して下ごしらえの重要性を認識した◆◇

ス―パーへ妻と一緒に買い物に行きまして、「芝エビ」というエビを初めて見ました。

この「芝エビ」透明に透き通っていまして、妻に「このエビ揚げたらおいしいかな?」って聞いたところ、「パリッとするかも?」という返事があったので、料理を挑戦することにしました。

居酒屋さんのメニューにはあるのかもしれませんが、結婚して以降そのような飲み会には参加してこなかったために「芝エビの素揚げ」というメニューを知りませんでした。(居酒屋メニューに疎くなっていたことを自覚してしまいました)

初めての料理ということで、「芝エビ」を100g購入してみました。

下ごしらえがされていなかったので、ネットで下ごしらえの方法をググってみましたところ下記サイトを参考にしました。

芝海老/シバエビの捌き方 ………… 下ごしらえ・下処理法

このサイトを参考に、背ワタ、ひげとり、尾の刺とりを順番に行いました。

上記左側が下処理前、右側が下処理後の芝エビ

下処理して油でそのまま衣などを付けずに揚げました。

芝エビの素揚げです。

下処理の段階で、尻尾の刺を抜いていたので食べても痛くもなんともありませんでした。

下処理で一番やっかいだと思ったのが、尻尾の刺抜きでした。間違って指に刺さってしまったときは、結構な痛みを感じました。

旬の食材を扱うのは、初めてのことも多くなれない為、私の妻は結構嫌がるのですが子供も手がかからなくなってきているのでたまにはやってみようと考えております。(妻は物凄く迷惑がっていますが、、、)

旬のモノだからと言っても、慣れない作業をすることに抵抗を覚えるものですが、こうしてブログのネタにもなりますので、今後もグルメレポを行おうと考えております。

では、またお逢いしましょう。

 

__________________________________

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★☆☆ (3.0)
万人受け    ★★★☆☆ (3.0)
哲学的度合い  ★★★★☆ (4.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

_______________________________

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたし

________________________________

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!


Warning: Illegal string offset 'email' in /home/life100y/life100y.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 2440

Warning: Illegal string offset 'email' in /home/life100y/life100y.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 2437

Warning: Cannot assign an empty string to a string offset in /home/life100y/life100y.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 2437

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください