中高年よ、ウブな頃を思い出そう:なんでここに先生が!?(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版を読んで

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 なんでここに先生が!?(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版 」です。

 

◇◆高校生の頃の純な気持ちが蘇る◆◇

この作品、ものすごく面白いです。(男限定かもしれませんが、、、)

思春期の男の子の気持ちをモロ代弁している。?!っと言っても過言ではないエロとほんの少しの純情が程よくミックスされております。

蘇募ロウさんは、ツイッターで有名らしく読後早速私もフォロワーに登録させていただきました。

そしたら、ものすごい数のフォロワーさんがいてまたまたビックリしました。(2019年1月15日時点でフォロワー数98,074です)

ついでによくわからないが、pixiv

も勢いで登録してしまいました。蘇募ロウさんが出店?しているみたいなので、、、

しかし、蘇募ロウさんの作品って応援したくなる作風ですね。主人公が憎めない設定なのか、ギャグもあって男一人で読んで、息子も大きくなるし、笑えるし楽しくなってしまうんですね。

だから、フォロワーも多いんだろうな~~と妙に納得してしまいました。

高校の先生と生徒という、AVネタでエロいけど、憎めない、、主人公たちが純情だからかと一人妙に妄想を膨らませながら余韻に浸ってしまった。しかも、50近いおっさんなのに!!!

まるで、高校生の頃に気持ちをタイムスリップさせてもらった気分です。

マンガを電子書籍で読みだしたら、アマゾンのタイムセールだったのでポチっとしたら超面白い作品に出合えた感もより私の気持ちを高揚させてくれたのかもしれません。

おっさんなのに、何やらドキドキしながら読み進めてしまいました。主人公の男子高校生の気分に浸れました。

エロですが、面白い。

そこは、否定できない(男ですから、、、)

中高年よ、このマンガを読んでウブな頃を思い出してみようではありませんか!!!!(一人ガッツポーズ)

___________________________________

蘇募ロウ(著)2017年

内容紹介

おっぱいの柔らかさの限界に挑んだ衝撃作! 「鬼の児嶋」と恐れられるナイスバディな国語教師・児嶋加奈と普通の高校生・佐藤一郎の間で巻き起こるエッチなハプニング! ヤングマガジン掲載作品に加えて、ヤンマガにすら載せられない、限界に挑んだ描き下ろしが丸ごと1話分収録!! そのギリギリ感を見届けてほしい。ツイッターで大人気の漫画家・蘇募ロウが描く美人教師との「やわやわ」で「あまあま」な日々をご堪能あれ!

 

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★★ (5.0)
万人受け    ★★★☆☆ (3.0)
哲学的度合い  ★★★★☆ (4.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

___________________________

本記事は予告なく有料記事になります。

その際、引き続きお読みいただく場合は会員登録をお願いいたします。

_________________________________

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください