コンプレックスを人生の武器に変える笑いの力を学ぶ:笑いと快感 | 高須 光聖 | TEDxTokyoを観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 笑いと快感 | 高須 光聖 | TEDxTokyo 」です。

面白い人や、面白い事がよく起る人には、ある共通点がある。それを知ると、人生のマイナスがある快感に変わり始める。コンプレックスを人生の武器に変える笑いの力とは テレビ画面の向こうに、まだ見ぬ世界を創りだす 幼少期からの仲良しである人気お笑い芸人ダウンタウンの松本さんから誘われたことをきっかけに、テレビの放送作家として活動し始めた高須さん。そんな彼は、現在の日本のお笑い番組の原点、バラエティー番組のスタイルを確立させました。それは、様々な制限や固定概念が存在するテレビの世界で、確固たるスタンスを持ち、周りの発想を変え続けてきたからこそ、できたこと。業界を変えてきた高須さんの目には、これからの日本の景色はどのように写っているのでしょうか。 – See more at: http://www.tedxtokyo.com/event/tedxto… This talk was given at a TEDx event using the TED conference format but independently organized by a local community. Learn more at http://ted.com/tedx

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★☆ (4.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★☆ (4.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

◇◆笑いで人を支配する◆◇

私は、高須 光聖さんを今回のTEDで初めて知りました。お笑いのダウンタウンさんらと同級生らしいです。(Wikipediaによると)

ただ、人を笑わせるというのが言葉として分析されているなんていうのも驚きでした。例えば、

共感と意外性

ネガティブなものの中に笑いは潜んでいる

コンプレックスと向き合いさらけ出す

自分を守る最高の武器

これらを組み合わせることで、その場を笑いで支配することが出来ると話されていました。確かに、高須さんの説明で思わずクスっと笑ってしまいました。もう、これだけで支配されてしまっているんですね。

また、高須さんも自分自身を守ることにもなっていると理屈は思わず「なるほど~~」と思ってしまいました。

笑わせるというのが、快感になるというのも良くわかります。

みなさんも、ごいっしょに人を笑わせてみませんか?快感になりますよ。

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください