大統領ですら暗殺されたのに、声を上げて闘う意義:映画「JFK (字幕版)」を観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 JFK (字幕版) 」です。

ゲイリー・オールドマン, ケビン・コスナー, シシー・スペイセクさんが出演されています。

1991年

21世紀の現在も謎が残るケネディ大統領暗殺事件。20世紀最大の謎の真相に迫ったオリバー・ストーンの衝撃の問題作!

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★☆ (4.0)
万人受け    ★★★☆☆ (3.0)
哲学的度合い  ★★★★★ (5.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

◇◆大統領ですら暗殺されたのに、声を上げて闘う意義◆◇

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください