小児薬局の悲喜こもごもを知る:薬屋りかちゃん (2 冊) Kindle版 を読んで

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する本は、「 薬屋りかちゃん (2 冊) Kindle版 」です。

新井葉月(著)2007年

第1巻の内容紹介: 塩乃樹りか、小児科門前処方箋薬局勤務の薬剤師。…でもコドモが嫌い――。そんな不安だらけの彼女が織り成す、心温まるシリーズ連載が単行本化! 漫画家であり、現役薬剤師でもある著者だからこそ描けた一作です!

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★★ (5.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★★ (5.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

小児薬局の悲喜こもごもを知る

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください