来年から、遺言書を書こうと思った

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

◇◆50前になったので、遺言書を書いてみようと思います◆◇

 

みなさんも、年末年始になっているためお忙しいと思います。

私、来年に向けて遺言書を書こうと考えております。(突然ですが、、、)

というのも、先日私と同い年の方が脳梗塞になられて施設(老人ホーム)に入所されたのですが、突然お亡くなりになりました。

私も、その方がどのような経緯で脳梗塞になられたのかは知らないのですが、歳が同い年(47歳)ということだけは聞いておりました。

同年齢の方が突然亡くなる。この現実はあまり受け容れたくないものですが、『人間いつかは死ぬ』という当たり前のことを再認識させるきっかけになりました。

そのような出来事があったものですから、『死ぬ準備』は必要かなと自分なりに考えました。

まあ、信長公も「人間50年~~~」っと言っていたんですから、私にとっても丁度良い機会だと思うことにしました。(私自身ももうじき50歳になりますしね)

また、新たなステージ(50歳から100歳)に向けての決意表明も考え、別件として書き加えようと考えております。

遺言書の作成には下記サイトを参考に書いてみます。

正しい自筆証書遺言書の書き方や作り方の要件

遺言書として認められるためには、あいまいな表記はだめらしいです。

土地の住所、地籍(何平方メートルかも)記載しないといけないという事は、初めて知りました。

このようなことも、実際に行動してみないとわからないことが多いです。

みなさんも、思い立ったらすぐに行動しましょう。

そして、100歳に向けて身軽に楽しく生きれるように今から準備しましょう。

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください