仕事を見つめ直す機会になった:漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1 (ゼノンコミックス)」を読んで

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1 (ゼノンコミックス) 」です。

荒井ママレ (著), 富野浩充 (著)

内容紹介

総合病院の薬剤師として働く、葵みどり・26歳。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、今日も彼女は患者の「当たり前の毎日」を守るため、院内を駆け回る!!称賛されなくてもあなたを支える医療ドラマ!!

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★☆ (4.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★☆ (4.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

◇◆これからの薬剤師の立ち位置を考える◆◇

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

仕事を見つめ直す機会になった:漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1 (ゼノンコミックス)」を読んで” に対して1件のコメントがあります。

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください