ハイタッチは免疫力を向上する:TED日本語 – スーザン・ピンカー: 長寿の秘訣は周囲の人との交流かもを観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。(今回は、ヒアリングは二の次としております)

今回ご紹介する作品は、「 TED日本語 – スーザン・ピンカー: 長寿の秘訣は周囲の人との交流かも 」です。

イタリアのサルディーニャ島は100歳を超える人の比率がイタリア本土の6倍、北アメリカの10倍です。なぜでしょうか?心理学者スーザン・ピンカーによると、島民が健康なのは楽天的な性格や脂肪の少ないグルテンフリーの食べ物とは関係がなく、人と人との関係が密接で、じかに会って交流することが多いからだといいます。ピンカーとともに、100歳を超えて長生きできる秘訣を探りましょう。

◇◆長生きの秘訣とは◆◇

人生100年時代を考える動画として非常に役立ちました。

まず、長寿を得るのに「きれいな空気」や「運動」などは意外に重要な項目ではないこと。それよりも、自分が困ったときに助けてくれる人がすぐそばにいることの方が重要であること。このことは、まあそうかなと同意できます。

それよりも、もっと重要な事は人と会話したりハイタッチできたりすることの方が重要であること。人と人が面と向かって交流できる環境が長寿になる可能性が高いそうです。たわいもない会話を楽しむことで免疫力が向上するそうです。

過去に、私も郵便配達をしていたことがあったのですが、その時配達先の70代くらい?の女性から、「おにーちゃん、これバレンタイン」と言ってチョコレートをもらったことがありました。チョコを手渡してくれた方を思い出すと、年齢(70歳くらい?)の割に元気に自転車に乗って買い物に出かけられていたことを思い出しました。

日本でも、女性だとこのように気軽に社会の人とコミュニケーションを取れる方が多いのに対し、男性だと気楽にコミュニケーションを取ろうとされる人は極端に少ないように感じます。

老人ホームでも、最初は誰でも帰宅願望が強いのですが女性の方が環境に慣れやすいのか、周りの人やスタッフと簡単に打ち解けられます。しかし、男性はいつまでたっても自分の世界にこもってしまう人が傾向として多く感じます。

このことから、人といつまでも関われる環境が長寿(健康で長生き)の秘訣ということはよくわかりました。

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★★ (5.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★★ (5.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています)

最期に、「ネット上での繋がりではどうなの?」という質問を受けておりましたが、まだデータが取れていないとのことでした。

もしかしたら、人型ロボット(ドラえもんはネコ型ですが、、、)との交流でも免疫力が向上するのかもしれません。面白い世の中になってきました。

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


にほんブログ村

 

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください