英語の歌で、THE BEATLES – HEY JUDEは外せない

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する曲(ヒアリング目的)は、 THE BEATLES – HEY JUDE  です。

◇◆ビートルズは、外せない◆◇

こちらの曲、中高生の頃に一度は聴かされたのではないでしょうか?特に、現在の中年以上の世代には、思い入れのある曲だと思います。

学校教育にもってこいの曲ですし、ヒアリングにもうってつけです。

私は、ポール・マッカトニーがジョン・レノンの息子(ジュリアン・レノン)への応援歌と昔説明書きを読んだ記憶があったのですが、現在では諸説あるらしいです。(Wikipedia:ヘイ・ジュードによる)

この曲(90%ほど)、歌詞を見れば歌えるようになりました。しかし、最期が長すぎてそこまで歌いませんが、、、(ビートルズファンにはそこが大事と言われそうです)

みなさんも一緒にいかがでしょうか?

今までは、「歌なんかヒアリングの役に立たへんわ」と高をくくっておりました。しかし、「もしかして効果あるんでないの?」とも思えるようになってきました。

みなさんは、どう思いますか?

1日、1日を楽しんでいますか?

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


にほんブログ村

Follow me!

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください