断捨離について考えさせられた:映画「365日のシンプルライフ(字幕版)」を観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 365日のシンプルライフ(字幕版) 」です。

2014年の作品です。

ペトリ・ルーッカイネン氏が監督・出演されております。

26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノで溢れた自分の部屋には幸せがないと感じ、自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。ルールは4つ。  ①持ちモノ全てを倉庫に預ける   ②1日に1個だけ持って来る   ③1年間、続ける   ④1年間、何も買わない 毎日、モノを1つ選ぶたびに、自分自身と向き合うペトリ。「人生で大切なものは何か?」、究極の”シンプルライフ”から見えてくる。

◇◆フィンランド人の断捨離体験記◆◇

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください