音声朗読サービス「Audeble( オーディブル)」は、今後要注目のサービスだ!!

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介するアイテムは、「 Audible(オーディブル) 」です。

アマゾンのサイトで、「 本は、聴こう。」と謳っているアレです。

最初は、半信半疑だったんです。たまたま、バスで暇な時間に下記のYouTubeのサイトを聴いていたら、「 本は、聴こう。」もありなんじゃないかと思いました。というのも、武田先生の話が、結構面白く頭に残っていたからです。ラジオや音楽で移動時間の暇つぶしするくらいなら、興味のある「 本の朗読 」を聴いたほうがいいんじゃないかと思い直したからです。

◇◆オーディブル、試してみた◆◇

そこで、早速アマゾンにおいて30日無料キャンペーンを試してみました。私の場合、職場には通勤として車を利用しています。今まではその往復時間(1時間ほど)音楽を聴いて過ごしておりました。

しかし、音楽でリフレッシュはしておりましたが、本を読むことはできませんでした。オーディブルを使うと自分で読む代わりに朗読してくれます。今までは食わず嫌い(音声朗読)で「どうかな~~」と思っていたのです。しかし、音声朗読の聞き流しということに何か新しく秘めた可能性を見出しました。(まだ本1冊目の前半部分しか聴けていませんが、、)

まだ、はっきりと実感(実績)があるわけではないのですが、この技術を使うメリットは大いにアリだと思いました。実は、「英語の勉強のやり直しをしたいな~~」と思っていたところに、このアイテム(オーディブル)の紹介の記事を読んで、今回は早速試してみたという次第です。

勉強以外にも、小説の朗読や古典落語もあるので今後はそちらも聴いてみたいと考えております。

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★☆ (4.0)
万人受け    ★★★★☆ (4.0)
哲学的度合い  ★★★★★ (5.0)

*(注意)

(哲学度合いというのは、筆者的に人生訓を得れるかどうか考えられたのか否かを個人的ポイントに表しています。)

完全自動運転が導入されたころには、このサービスもまた人々にどのように受け入れられるのかは、分かりかねますが現時点では面白いサービスだと思います。

もし、みなさんもご興味を持たれたら一度試してみてください。

では、またお逢いしましょう。

ブログの応援もお願いできますか?

クリックをするとブログランクアップにつながり今後の励みにつながります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です