明るく楽しいノリの曲は、「アップタウン ファンク」も負けていない

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する曲は、マーク・ロンソン氏とブルーノ・マーズ氏の共作 「アップタウン ファンク」です。Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars

◇◆ジェームス・ブラウンに通じる曲◆◇

初めて聞いた時、私はこの曲はジェームス・ブラウン氏の有名な曲「セックス・マシーン」を思い出しました。(表現は悪いですが、パクリまたはニセモノと思い込んでいました)

しかし、何回か聴きこんでいくうちにこの曲は現代風にアレンジされたファンクミュージックであることに気がつきました。ラップミュージックが流行りの昨今の洋楽において、こんな正統派のファンクミュージックがヒットしたのは凄く不思議に思いました。

明るい曲調と軽快な手拍子もあってノリもよく楽しい曲調だから、一般受けしたと確信するようになりました。

ジェームス・ブラウン氏の「セックス・マシーン」の方は、明るく楽しくといういうイメージとは少しかけ離れている印象です。(曲の力強さはこちらの方が上ですが)

ブルーノ・マーズ氏のルックスも良いです。視覚的にお洒落で清潔感もありますし、さしづめ現代のマイケル・ジャクソンという印象に好感がもてます。

 

筆者のお勧め度は、下記の通りです。

お勧め度
総合ランク   ★★★★★ (5.0)
万人受け    ★★★★★ (5.0)

疲れたときに聴くと元気になれる曲です。みなさんも、「アップタウン ファンク」を聴いてブルーノやマーク氏と一緒に気持ちをファンク府にアップさせてみませんか?一緒に手を叩くと楽しいですよ。

では、またお逢いしましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です