人生に遅いという概念は無い:カーネル・サンダース氏の生きざまは高齢化社会の参考になるになる

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する人物は、カーネル・サンダース氏です。

日本でも昔から有名な人ですよね。人形としても。

では、なぜ、人生100年時代を考察する人物として彼を取り上げたかと言いますと、この方90歳でなくなられるんです。今でこそ90歳と聞いても「ふ~~ん」というくらいの印象でしかありません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください