人生100年時代のお金の使い方の哲学を考察してみる:ロナルド・リード 編

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回は、中年になって一番の心配事の老後について考察していきたいと思っています。

そこで、私が目標としているアメリカの爺様をご紹介します。

この方のお名前は、ロナルド・リード氏というお方で92歳で亡くなられたのです。2015年当時は結構有名で沢山のブログ記事がありましたが、さすがに3年(2018年)も経つと忘れ去られている印象があったので、敢えて今回ご紹介することにしました。というか、人生100年時代の哲学に一番しっくり堅気な生き方のお手本のような方なんです。それでも、この記事が風化してしまっているのは、人は自分が思っている以上に一発逆転の人生が可能なのではないか?という思い過ごしがなかなか消え去らないからじゃあないのかという印象ふがあるからです。私も、そのような浅はかな考えをしている人間の一人として、戒めを込めて今回ご紹介する所存です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください