日本にもCIAのような諜報活動組織が必要だ:映画「13時間」を観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する ライフ100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 13時間ベンガジの秘密の兵士(字幕版) 」です。

2016年の作品です。

ジェームズ・バッジ デイルジョン クラシンスキーマックス マーティーニさんが出演されております。

◇◆CIA職員は情報収取が仕事で、実際に闘うのはCIAに雇われた元軍事工作員たちという事実◆◇

この映画を観るまでは、映画のヒーロー(エージェント:ライアン)のようにCIAの人間が命を張ったドンパチもするエリート軍事隊員のイメージでしたが(子供っぽいですね)、実際はCIAを護衛する人たちがその役割を果たしていたというのが良く理解できる作品でした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください