日本にも、諜報機関が必要だ:映画「エージェント:ライアン」を観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する Life100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介するのは、「 エージェント:ライアン(字幕版)」です。

2014年の作品です。

クリス・パインケヴィン・コスナーケネス・ブラナーさんが出演されております。

◇◆日本も諜報機関を創設して活動すべきだ◆◇

今回の作品、ジャック・ライアンシリーズものでした。昔だったら、ハリソン・フォード氏の「今そこにある危機」や「パトリオット・ゲーム」のイメージですよね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください