北朝鮮のテロの脅威は、アメリカは5年以上前から認識していた:映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観て

みなさん、こんにちは。人生100年時代の哲学を考察する ライフ100年研究所の 加藤 虎之介 です。

今回ご紹介する作品は、「 エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版) 」です。

2013年の作品です。

ジェラルド・バトラーモーガン・フリーマンアーロン・エッカートさんが出演されております。

◇◆アメリカは、5年以上前から対北朝鮮対策のプロパガンダを始めていた◆◇

アメリカという国は、非常に巧妙に宣伝をするなという印象です。だからこそ、世界の警察と言われていたのかと感心してしまいました。

この作品、「レッド・ドーン」と同じ2013年の作品でした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください